金継ぎ教室初心者体験記

【ガラス金継ぎ 初心者の体験実録】表参道の教室 彩泥窯(さいでいがま)ガラス4日目

月4回の金継ぎコースに通っているので、月末ギリギリで4回目を消化してきました!

前回、ガラス用漆の上から金撒きしていたグラス

今日は、また同じことをやるとのこと…(´・ω・`)

1.水研ぎ2000番のペーパーで、漆を塗ったところだけ研ぎます。(ガラス部分を研ぐと傷がつくので注意)

ふきふき

2.金粉が周りについたままなので、水を含んだスポンジやティッシュで拭きます。

漆を塗る前に、筆をテレピンで洗います。(菜種油を含んでいるのを取るため)

洗っている様子
少し赤っぽい色のついたガラス用漆(分かるかな?)
塗った!

3.いざ、ガラス用漆を塗ります!

綿に金粉を付けて漆に触れないように粉を落とします。

4.続いて、お外で金粉を撒いてきます。

私の手とズボンが金粉まみれに…

5.金を撒いたグラスは数日うるし風呂で寝かせます (-.-)Zzz 

左:菜種油、右:テレピン、と思う。

使い終わった筆は、まずテレピンで汚れをよく落として、最後に菜種油で汚れを落として、終了です◎

菜種油は漆がついた筆が固まってしまうのを防ぐため★

早く新しいことをしたいんですが、まだ欠けが完全に埋まっていないとのことで、次回も同じことをやることに… ガ━━(゚Д゚;)━━━ン 今回も、1時間かからずに終わってしまったんですが…
金継ぎに意欲ありすぎて、不完全燃焼な私。教室にこんな人、普通いないので、見かけたら私です。

]]>

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP