金継ぎ教室初心者体験記

【金継ぎ教室 初心者の体験実録】4日目| 友達の欠けたお皿を金継ぎしてあげよう♪欠けた陶器をもっと埋める方法

2週間の内、懲りずに4回来ました!金継ぎ4日目!
新しいことはなく、これまでの復習祭りです◎ 復習してみると、間違って覚えていたことなど発覚するものです。

まずは 刻苧(こくそ)の調整。 刻苧塗ったら1日で乾くんですね!(1週間かかるのは接着でした)
またカッターでゴリゴリ 刻苧(こくそ)の表面を平らに削ります。
写真のお皿の上半分が削った後、下半分はこれからゴリゴリするところ。太さが違いますね。また、淵に残った茶色い跡は後の工程で消えるそうです。

320番で空とぎ

麦うるし作ります。薄力粉なかったので中力粉◎

そして、 刻苧(こくそ)をまた1から作ります。
お米の糊と中力粉を混ぜ混ぜ。(薄力粉でもいいです)

その後同量の生漆を入れて混ぜ混ぜ。(写真なし)
そして、いつもの怪しい粉3種類を混ぜ混ぜ。
三辺地粉・木粉・刻苧綿を入れて混ぜました。本日は少し入れすぎて固かった…

コクソ、ラップへ移す
(ほんと、フンみたい…◎)

定盤きれいにして、使う分の 刻苧だけ出します。

欠けに塗った!
0.5mmずつだから、まだ完成までは遠い…


刻苧盛りはできたので、新たに別のお皿を1から始めることにしました!

欠けを240番で空とぎします (*´▽`*)

研がれたの分かるかな?

今日焼いて帰るので、生地呂漆1滴出して研いだ箇所に薄~く塗りました。


塗った後は5回ティッシュで拭くのを忘れずに!(忘れてて先生にやってもらった◎)
2時間オーブンで焼いてもらいながら、さよならしました。


来週火・木も通うけど、次回は計6点の全てのお皿を、刻苧盛りします。早く金を塗りたいんだけどな…道長し。
ではでは、おやすみなさい (*´ω`) 

]]>

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP