金継ぎ教室初心者体験記

【金継ぎ教室 初心者の体験実録】21日目|欠けたお猪口を麻の葉文様の蒔絵金継ぎで仕上げる工程(1)

こんなデザインを施したい!

いろんな方の金継ぎを研究し、デザイン性がありかつ和風の金継ぎを実施中です^^
その工程を、少し前からご紹介します♪

大きな欠けがあって木で継いだおちょこ。 
(この後刻苧でカバーして美しく)

黒呂色うるしを塗って乾かしました。

水研ぎして、朱色のうるしを塗って…

「都の光」と呼ばれる金粉で金撒き!
超たっぷり撒いて、漆風呂で乾かしました。

余分な金粉を回収したところ、美しく撒けておりました☆彡
紛固め(生正味漆と灯油を1:1に混ぜたものを塗って、漆風呂で乾かす)をした後、2日後には美しく乾いておりました◎


そして、麻の葉の文様を描くべく、鉛筆で下書き。
麻の葉の文様はこんな感じ◎

紙に書いて練習後、直接金の上に下書き!

その後、器の鉛筆下書きの上を、細い筆で白色漆を塗っていきます!(失敗したら元に戻らないので、超集中モード)

続いて、銀粉を撒きます!

惜しげもない銀粉!

次回、私が描いた文様がうまく描けていたか失敗したかが、銀を回収した時に分かるので、ドキドキです(*•ω•*)

]]>

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事
おすすめ記事
  1. 【金継ぎ教室 初心者の体験実録】28日目|陶器の欠けを青海波の文様で仕上げる方法!金×赤色漆

  2. 東京金継ぎ教室『つぐつぐ』(広尾)予約ページ

  3. 金継ぎ教室に行く前に準備するもの

  1. 登録されている記事はございません。
TOP