金継ぎ教室初心者体験記

【金継ぎ教室 初心者の体験実録】24日目|漆工芸編|拭漆(ふきうるし)の最終工程、日本産の漆「生正味漆」で仕上げ!

金継ぎのための小さい定盤(じょうばん)作り。(教室にある写真の白い定盤が大きすぎるので…)
特に難しいことはなく、ただひたすら、漆を塗っては拭くを繰り返すのですが、前回「目止め」で錆漆(さびうるし)を塗ってツヤもでたので、そろそろ終盤です。

1.生漆を塗って拭く(もうあまりしみ込まないので、今までの1/5くらいの量の生漆を出して少しずつ塗り足していきましょう)

2.漆風呂で乾かす

3.生漆を塗って拭く

4.漆風呂で乾かす

完成( ◌•ω•◌ )

え、こんなんでいいの?って思うんですが、これから金継ぎする度に、漆をのせて使っていくので、そのたびに漆を吸ってツルツルしていくそうです。

使うたびに進化する定盤萌え(๑•ω-๑)♥

]]>

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP