金継ぎ教室初心者体験記

【金継ぎ教室 初心者の体験実録】30日目その1|磁器の欠けの修復完成!青色×金色で網目文様仕上げ

また新たな金継ぎ作品が完成しました(⁎˃ᴗ˂⁎) もともと柄のあるお皿は、少し変わった仕上げをしたいですよね。9工程くらいある金継ぎの工程の、後半部分をご紹介します♪

大きな「ホツ」と呼ばれる欠け。刻苧でしっかり埋まりました。

網目が青色なので、同じ色の漆を塗りました。

網目をつなげてみました♡
この後金蒔きするので弁柄で上塗り。

「都の光」と呼ばれる金粉を惜しげもなく蒔きます!

漆風呂(=室)で数日寝かせ、余分な金粉を回収しました◎ その後生正味漆(きじょうみ:うるし)で紛固めしてまた漆風呂へ。

金蒔きした上を、鯛牙(たいき)で磨いて光らせます☆/

いい感じ!!!

青と金色のコントラスト。
派手すぎないけど一風変わった感じに。

完成です♪♪

]]>

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP