金継ぎ教室初心者体験記

【金継ぎ教室 初心者の体験実録】7日目|器の欠けを埋めるパテ作り!伝統本漆を使った方法

金継ぎ教室、2か月目です!
まずは昨月塗った 刻苧漆(こくそうるし)の調整から。。。

カッターで削った後、320番空研ぎ

そして、まだ埋まり切っていない箇所に刻苧漆を足します◎


のり+薄力粉→麦うるし

生漆も混ぜて、三辺地粉・木粉・刻苧綿をそれぞれ60%, 50%, 40%加えて 刻苧漆完成。
友達の、金継ぎ自体の方が確実に値段高いやろ~と思われるコップに、塗っていきます◎ (でも実験台を提供してくれてありがとう)

友達のコップの欠けに埋めていきます。
一度に5㎜しか足しちゃいけないんですが、欠けがすごく深いので日を改めて足していきます。

漆風呂に入れて次回に持ち越し。
続いて、 刻苧の埋めは完了している別のお皿たちに、切子漆(きりこうるし)を塗ります!

まずは錆漆(さびうるし)を作成中◎

マヨネーズ様のペーストを作成中

マヨ+同量の生漆+三辺地漆=切子漆

月をまたぐと大分忘れてる…
そして時間がなくてその後写真をとる時間がなく、とりあえず塗って完了しました(´ー`)
大人気の教室にはいつも10人以上の生徒さんがいて、先生が飛び回っていて、なかなか捕まらないです。(繁盛してて素晴らしいけど!)自分のできなさを人のせいにするのはいけないけれど、もう少し生徒さんの人数が少ないと、落ち着いてちゃんとできる気がするなぁ…とも思います。(先生に何度も見てもらわないと、自分が本当にちゃんとできているのかわからないのです…)

金継ぎは「癒し」だと思うので、自分が将来金継ぎを提供する場があるなら、お客様に仕事のストレス解消と非日常を味わってほしいので、教室の雰囲気とか、テーブルとかも、かわいくしたいな◎ ボサノバの音楽流れてたり~♪
妄想が膨らみます。。いろいろと自分のビジネスへのimprove pointsが見えてきました(。ゝω・。)ゞ
早く自分が上達してみんなに提供したいので、今月も詰めて頑張ります!!!

]]>

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP