金継ぎ教室初心者体験記

【金継ぎ教室 初心者の体験実録】11日目|超高価な純金粉で初めて仕上げをした日!

都の光

1g 1万円以上する「都の光」という金をまいてきました!
飛び散る金…ああ…こんなに贅沢に載せていいのか…?!


金をまくと決意した器3点。
まずは、この3つのお皿に赤色漆を丁寧に薄く塗ります。

まずは、金をまくお皿に赤色の漆(弁柄漆)を丁寧に薄く塗ります。

心の準備OK

そして、金がこぼれても大丈夫なように紙を引いて、毛棒(けぼう)で金をまきます!

毛棒と紙と金が入っている紙

無駄にしたくない金!

先生の手さばき!でも本当は私がやりたい…

完成

この状態で漆風呂に入れて乾燥させます。
ちなみに都の光は輝きすぎずマット過ぎず、中間くらいの金だそうです◎ 器に合わせてチョイスするので、これから金の種類も覚えていかなきゃ!

]]>

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事
おすすめ記事
  1. 【金継ぎ教室 初心者の体験実録】28日目|陶器の欠けを青海波の文様で仕上げる方法!金×赤色漆

  2. 東京金継ぎ教室『つぐつぐ』(広尾)予約ページ

  3. 金継ぎ教室に行く前に準備するもの

  1. 登録されている記事はございません。
TOP