金継ぎ教室初心者体験記

【金継ぎ教室 初心者の体験実録】17日目|器の大きな欠けを埋めて、割れの小さな溝も埋める工程

本日のお皿たち

最近手際が良すぎて、6つあるお皿を1時間足らずで仕上げてしまう金継ぎガールです。見かねた先生が新しい金継ぎ手法を伝授してくださいました!

木を基材として接着

以前いただいた木片を失くしてしまったので、もう一度切ってもらう

アスナロの木です◎

大きめに切っていただきました。後で削って小さくするのは簡単だけど、足して大きくするのは難しいからだそうです。

欠けた場所に、すでに2回くらい 刻苧をぬっていたので、その上から接着します!

接着剤となる麦うるしを作成中◎

いざ塗ります。

塗ったら1週間漆風呂で寝かせます♪

調整⇒刻苧埋め

大事なお皿3点!

この工程にいる器が一番多いのですが、そして0.5mmだけ埋めるだけという地味な作業なんですが、何気に私が一番苦手な工程です。なんというか、もっとスムーズにperfectにできるようになりたい!
漆風呂で1~2日寝かせます

切子漆

切子漆待ちのコップたち

何か月かかったでしょうか…ついに!この深~い欠けのあったマグカップが埋まったのです!
表面をカッターで平らにして、320番サンドペーパーで空研ぎして、いざ、切子漆を塗っていきます!

塗れた!

上からの写真

ヒビのカップにも◎

漆風呂で1~2日寝かせます。

生漆で固める

お上品な小さな器。前回切子漆を塗り終えていたので、表面を320番サンドペーパーで軽く研いで生漆を塗り、漆風呂で1~2日寝かせます。


漆を「くろめる」

「くろめる」って、動詞です笑。先生が「くろめなやしやります~」ていったとき、何語か分からなかったんですが…^^; 私があまりに暇そうにしているので、漆を「くろめる」やり方を教えてくださいました。
「絵漆」を作る工程の一つだそうです。 (注)金継ぎに関係ないけど、漆工芸的に関係あるので、とりあえずやってみる。

(おもむろに大量の生正味漆を定盤に出す先生)

生正味漆は、日本産の生漆だそうです。昔は日光の元、漆を温めて生成したそうですが、少量なので我々はドライヤーに当てて温めます。40度以上にならないように、ドライヤーで温めながら、漆を混ぜ混ぜ。
だんだん漆が黒くなってくることから、「くろめる」と言うそうです。
温めることで、20%くらいある生正味漆中の水分が5%くらいになるまで、水分を飛ばします。
ちなみに、生漆の水分を減らしたものが木地呂漆なのですが、生正味漆の水分を減らしたものは、日本産の木地呂漆になったようなもんだそうです。

木地呂漆40g 1500円ですが、生正味漆35g 4000円です。日本産高~い (゚´ω`゚)  
出来上がりをラップに包んで取っておきます。
次回も時間ができたら、この続きの工程をやります!

]]>

関連記事一覧

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事
おすすめ記事
  1. 【金継ぎ教室 初心者の体験実録】28日目|陶器の欠けを青海波の文様で仕上げる方法!金×赤色漆

  2. 東京金継ぎ教室『つぐつぐ』(広尾)予約ページ

  3. 金継ぎ教室に行く前に準備するもの

  1. 登録されている記事はございません。
TOP