ブログ金継ぎについて

金継ぎのこと、日常のこと、伝えたいこと

保存版【職人が金継ぎを始めたきっかけ|まとめ】3ヶ月で13人の全国の職人にインタビューしました!

金継ぎ職人さんへのインタビュー記事をまとめたページです。金継ぎ職人さんを「金継ぎスト」と称して、金継ぎの魅力や自身の活動について語ってもらい、より多くの方に知ってもらえるように作成した記事になります。あとりえ青輝鳥  加藤 恵さんhttps://kintsugi.pro/職人が金

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (13)】漆器工房ぬしや 八木 茂樹さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (12)】 wad 小林 剛人さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (11)】小石原さんの金継ぎ 繕いのうつわ 小石原 剛さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (10)】 知音/ちいん 三野 千鶴さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (9)】うつわ継ぎ山鳥 清水 真由美さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (8)】 et craft 平井岳さん・綾子さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (7)】漆ギャラリーあさい 浅井 啓介さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (6)】うるしと漫画 堀 道広さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

TOP