kintsugi

金継ぎで石川復興を応援するプロジェクトを開始します(金継ぎ無償修理を希望される被災者へ)

2024年1月の能登半島地震により、今も避難所生活をされる被災者が多くいらっしゃり、一刻も早く安心して生活できることを願っています。そんな中、金継ぎを専門的に行う私たちつぐつぐだからこそできる支援を考えていました。

大切にしていたのに割れてしまった被災者の器を、つぐつぐの生徒様と講師が一丸となり、無償*で金継ぎ修理してお返しし、少しでも元気になっていただきたいと考えています。

※注意:器の受け渡しは郵送になります。当社指定の住所(東京都内)へお送りいただく送料はご負担いただくことになります。金継ぎ修理にかかる費用と返送の送料は当社で負担します。

ただし、私たちの力でどれだけの数の器の修理をお受けできるかは未知で、一つ一つをきちんと管理・修理してお返しするためにも、最初は少ない数からプロジェクトを始め、可能であれば少しずつ増やしていきたいと考えております。

▼ 応募フォームは下記のボタンをクリック ▼

つぐつぐによる金継ぎ無償修理の概要

開始時期

この案内を公開した、2024年4月より開始します。終了予定日は未定です。本件に関わらず、生涯に渡り、他の災害があったときにも継続して行える持続可能(サステナブル)な被災者支援プロジェクトを目指しているからです。

金継ぎ修理するヒト

つぐつぐ恵比寿本店・浅草店の金継ぎ教室の中で、つぐつぐの生徒様と講師が一丸となって修理を進めます。

つぐつぐの生徒様にご参画いただく背景としては、つぐつぐではプロ金継ぎ師による有料の金継ぎ修理も承っており、2024年現在、1年待ちという状況です。会社として責任持って有料の金継ぎ修理依頼の完成を優先しながらも、被災者の支援にも取り組むため、この度教室の生徒様にも多大なるご協力をお願いして、被災者の器の修理を実施します。そのため、プロの仕上がりにはならず、初心者も携わることにご了承をお願いします。プロの仕上がりは期待できでなくても、今後も長く使っていただける状態へと心を込めて修復します。

応募条件(7つ)

お受けしたご依頼を確実に被災者のもとへお返しするために、連絡がとれるようにお願いします。被災者、およびその周辺地域にお住まいでモノが壊れたりするなどの被害を受けた方を対象としております。また修理が完成する見込みの1年ほど後にきちんとお受け取りいただけるよう、緊急連絡先としてもうひとつ連絡先をお伺いできると安心です(任意)。

下記の応募条件全てに同意いただける方のみ、株式会社つぐつぐ(以下、当社)による金継ぎ無償修理の応募が可能です。応募フォームの記入には約20分かかります。通信環境の良い場所でPCあるいはスマートフォンよりご入力・送信ください。(紙や電話での申込みはございません)

応募条件や記入いただく事項が多いため、応募に進む前に下記についてご理解いただき、全ての事項に同意とご記入が可能な方のみご応募をお願いします。

1. 当プロジェクトは、「令和6年能登半島地震」で被災された方を対象としています。

被災者の方、およびその周辺地域にお住まいでモノが壊れたりするなどの被害にあった方に少しでもお役に立ちたい思いから立ち上げた無償のプロジェクトです。また、これまでもたくさんの自然災害がありましたが、今回は少ない数からお受けすることもあり、直近の令和6年能登半島地震を対象とさせていただいております。

2. 応募はつぐつぐ所定の応募フォームからのみの受付となります。受付対応の人手不足と、できるだけ多くの器を修理することに専念するため、電話やメールでのお問い合わせはお控えください。

つぐつぐのサイトのお問い合わせや、つぐつぐのEmailアドレスへご連絡いただきましても、応募ができません。確実に選考をさせていただくためにも、つぐつぐ所定の応募フォームに記入して送信された方のみを対象とさせていただきます。修理品の受け渡しを確実に行うため、メールでのやり取りを必須としており、応募フォームからご応募できるような、スマートフォンやインターネット環境がある方に限定されてしまうこと、あらかじめご了承ください。

3. 応募数が修理可能な数を超えた場合、予告なく受付を中止します。最新の情報は当社のウェブサイトをご参照ください。

当社に器をお送りいただく送料は応募者の負担になりますが、金継ぎ修理に関わる人手や材料費、そして金継ぎが完成した後の返送費用は当社が負担します。(金継ぎ修理は当社の生徒様がご厚意でご参画してくださいます)そのため、お受けできるよりはるかに多い応募があると想定しており、予告なく応募の受付を中止することがあります。当社へ電話やメールで問い合わせはお控えいただき、最新の情報は当社のウェブサイトをご確認いただきますようお願いいたします。

4. お1人様1点のみ、1回限りの応募が可能です。

できるだけ多くの被災者を笑顔にしたいため、おひとり様1点の修理に限らせていただきます。

5. 応募の翌月中に当選者を確定し、当選者への当選メールの通知をもって発表に代えさせていただきます。再度の応募はできません。また電話やメールでの当選結果の質問にはお答えできません。

1ヶ月の間にご応募いただいた方について、翌月中に当選者を確定します。一度ご応募いただいて当選メールの通知がなかった場合は、恐れ入りますが再度のご応募ができません。また当社にお問い合わせが多くありますと、スタッフが金継ぎ修理を行う時間が減り、今後お受けできる数が減ってしまいかねないため、恐れ入りますがお問い合わせはお控えいただきますようお願い申し上げます。

6. 当選された後、当社からのメールが届かない場合や、1週間以内に返信がない場合、当選を無効にし、再度応募はできません。

応募者の大切な器をお預かりして修理するため、金継ぎ修理に関して確実に連絡が取れる方のみを対象とさせていただいております。お電話だとやりとりの履歴が残らないため、メールが可能な方に限らせていただいております。「電話」はあくまで補助のため、メールでのやりとりが可能なことを必須とします。メールの受信設定や、迷惑メールボックスに入っていないかを、必ずご確認ください。また、恐れ入りますが当社への当選確認のお問い合わせはお控えいただきますようお願い申し上げます。また器を当社へ送られた後、メールで連絡ができないと判断した場合、着払いにて速やかに器を返送します。必ずメールの受信設定をご確認ください。

7. 当選した場合、当社に器が届いてから修理完成まで1年程かかる可能性があります。修理途中で進捗をお伝えすることができないため、完成の連絡があるまでお待ちいただきます。

現在、有料の金継ぎ修理も行っておりますが、2024年4月現在、完成まで約1年待ちとなっております。そのため、無償修理のプロジェクトについても、同じくらいの時間がかかる可能性があります。金継ぎ教室の生徒様と講師でできるだけ早く完成させるよう努めますが、あらかじめご了承ください。受付対応の人手不足と、できるだけ多くの器を修理することに専念するため、電話やメールでの進捗のお問い合わせはお控えください。

金継ぎ修理をご依頼いただける器と修理上の注意(7つ)

1. 1辺が30cmを超える器は応募いただけません。

金継ぎは漆を使った伝統的な修復技法です。漆を乾かすため、漆風呂「うるしぶろ」と呼ばれる温度20〜30℃、湿度70〜85%の特殊な環境下に修復中の器を保管します。当社の漆風呂に入れることができる大きさとして、一番長い辺が30cm以下の器のみ、金継ぎ修理が可能です。また、あまりに大きく重い器は、郵送中の破損も心配ですので、大切なものの中でも小ぶりのものをご応募ください。

2. 金継ぎ修理ができる器は、陶磁器に限ります。ガラス・木製品・金属製品は修理できません。

漆を使ってお直しできる、陶磁器に限ります。ガラスの金継ぎは、修理できるものとできないものがあるため、届いて実物をみてから、やはり修理できないとなっった場合、着払いの返送となります。そうならないためにも、今回は対象から除外させていただいております。

3. 破片が全て揃っていない場合、金継ぎ修理できないことがあります。

ただし、直径1.5cm程度までの欠損は漆のパテで充填することで修理可能です。

4. 食器として安心して使えるよう、漆など自然の材料を用いて修復しますが、仕上げ色やデザインは選べません。純金以外の仕上がりになる可能性があること、ご了承ください。

主な仕上げ法として、錫、銀、銅、色漆、漆仕上げを考えています。その器にあった仕上げを当社で決定するため、仕上げや修理方法のご要望はお受けできないことをあらかじめご了承ください。

(▲ 様々な色漆)

5. 初心者を含む、金継ぎ教室の生徒様が中心となって修理をするため、プロの仕上がりにはならないこと、ご了承ください。しかし、再び使用できるよう、そしてできるだけ綺麗に仕上がるよう、心を込めて修理いたします。

割れそうなほど深いヒビは、割ってから修理する方が強固な修復となるため、割ることがあります。また細かすぎる破片は使用せずに漆のパテで埋める方が早く美しく仕上がることがあるため、連絡なく破片を処分して修理を進めます。そのため、修理中に破損度が大きくなたとしても、連絡なく当社の判断で全てを、最善を尽くして修理させていただきます。

6. 金継ぎで修理された器は、壊れる前より耐久性は劣ります。また漆の特性上、金継ぎ後の器の扱い方や使用方法に制限がでることがあります。

金継ぎは漆芸の一部ですので、金継ぎされた器は漆器と同じような扱い方になります。金継ぎされた器の扱い方を守って、末長くお使いいただきたいと思います。応募フォームに細かい注意が書かれているのと、修理完成品を返送する際に扱い方の書類を同封させていただきます。

7. 再修理はできません。

また無償修理した金継ぎ器が再度壊れた場合、ご連絡いただきましても、無償での再修理はできませんので、ご注意ください。金継ぎされた器の扱い方を守って、大切にご使用ください。

郵送に関する注意

  1. 金継ぎ修理が完成した後の郵送返却では、緩衝材で入念に梱包して発送します。しかし、郵送会社の取り扱いが原因で破損した場合は、郵送会社の賠償責任となり、当社は一切の責任を負いません。
  2. 当社で保管・修理中、当社が自然災害に遭い、器が破損・紛失した場合、器に対する保証はできません。
  3. 器は郵送での受け渡しとなり、当選後にお送り先住所をお知らせします。(当社の本店とは異なります)当社に器を送る際の送料は応募者が負担します。修理代と修理が完成した時の返送送料は、当社が負担します。
  4. 発送・返送ともに、郵送は日本国内に限ります。
  5. 箱の大きさは80サイズまでに限ります(大きすぎる器は郵送時の破損リスクが高く、また修理中の器に塗られた漆を乾かす「漆風呂」に入る大きさが1辺30cmまでと限られているためです)
  6. ご自身以外に、緊急時に連絡が可能な、別のご住所の方の情報の記載が必須になります。
  7. 応募者は郵送の梱包を入念に行い、当社に器が届いた時に破損度が大きくならないようにします。もし破損度が想定より大きくなり修理ができないと判断した場合、修理を開始せず、着払いにて返送させていただくことになります。
  8. 器の発送前に当社から応募者へ、住所変更がないかメールで確認してから返送します。しかし1週間以内にメールで返信がない場合、返信を待たずに器を申し込みの住所に返送します。返送がお受け取りされず当社に返送されてくるなど、1ヶ月以内にお受け取りいただけず返送手段がない場合、大変不本意ながら器を保管し続ける場所がないため、器を破棄する他ありません。ご理解をお願いします。

その他のお願い

当プロジェクトでの修理実績・写真は公開されます。

つぐつぐは金継ぎの魅力を世界中に広め、「このような器も修理してまた使えるんだ!」とたくさんの人に知ってもらいたいため、金継ぎした成果として器は写真撮影し、ウェブサイトやSNSに掲載しますので、あらかじめご了承ください。(写真の公開が不可のものはお受けできません)

修理完成品を受け取ったら…

金継ぎ修理は当教室の生徒が主体となって行うため、完成後、受け取った応募者の声を生徒へお伝えしたいと考えています。そのため完成し受け取ったあとに感想をぜひ当社へお送りいただきたいです。感想はウェブサイトやSNSに掲載されます。私たちの今後の活動の励みになりますので、是非ともご協力をよろしくお願いします!

最後に

今後このプロジェクトがうまく進み、しっかりと運営ができるようになりましたら、より多くの方を対象にできるようにしたいと考えております。

数は少なくても、つぐつぐにしかできない被災者への応援として、できる限り金継ぎ修理をしたいと考え、この度の応募制に踏み切る形となりました。

お受けする限りは、絶対に喜んでいただけるよう、ご協力いただけるつぐつぐ金継ぎ教室の生徒様と講師で心を込めて、そして一丸となって修理したいと思っています。

つぐつぐの理念は「金継ぎで、世界中に、感動体験を提供する」です。

このプロジェクトを通して、一人でも多くの被災者が、笑顔になって欲しいと心から願っています。

▼ 応募フォームは下記のボタンをクリック ▼

Related Articles

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 金継ぎ女子が会社を起こしたきっかけ

  2. 【金継ぎ教室 初心者の体験実録】初見学|プロになるまでにかかる時間と費用?

  3. 【金継ぎピアス・アクセサリー】瞬間接着剤と合成うるしのワークショップ

  4. 【金継ぎピアス・アクセサリー】自分で作ったピアスをつけて会社に出勤する喜び

  5. 【金継ぎ教室 初心者の体験実録】1日目|入会初日は、道具を自分で作る!

  6. 【金継ぎ教室 初心者の体験実録】2日目|陶器・お皿の割れを接着して、欠けを刻苧(こくそ)で埋める方法

  7. 【金継ぎ教室 初心者の体験実録】3日目|欠けた陶器・お皿の割れの窪みにもっと刻苧(こくそ)を埋める方法

  8. 【金継ぎ教室 初心者の体験実録】4日目| 友達の欠けたお皿を金継ぎしてあげよう♪欠けた陶器をもっと埋める方法

  9. 【金継ぎピアス・アクセサリー】東京・新宿の手芸店「貴和製作所」で材料購入♪

  10. 【金継ぎ教室 初心者の体験実録】6日目|大きく欠けたマグカップ入手!と、乾いた切子漆の上に生漆を塗る方法

TOP