金継ぎ教室(東京)金継ぎキットなどの情報を発信する『つぐつぐ』公式サイト

ブログ

【金継ぎピアス・アクセサリー】瞬間接着剤と合成うるしで簡易ピアス作りワークショップ -90分でできます-

金継ぎはお皿や陶器が主流ですが、たまたま見つけたピアスの金継ぎ教室に行ってきました!

東京にある金継ピアスのワークショップ

Maker’s Base Tokyo

都立大学駅から歩いてすぐの場所にある、可愛いワークショップのお見せです。

https://makers-base.com/tokyo/event/detail?event_id=787

金継ぎピアスワークショップに費やした金額・時間

Maker’s Baseでは様々なワークショップが開催されており、気軽にオンラインで予約することができます。

金継ぎピアスワークショップのお値段は4,320円でした。(両耳でガラス4つ選んだ場合)

プラス500円払うと、さらに2個ガラスが選べるそうです。

時間ですが、予約した1コマである1.5時間もかからずに、簡単に作れました!

(その内25分はガラス選びに費やしました…優柔不断。)

私が選んだガラス4点:

金継ぎピアスの作り方

■選んだガラスを、接着剤でくっつけます。

2種類の接着剤を1:1で混ぜると硬化が始まるので、すぐにガラスに付けます。

接着面にぷっくり多めに塗るのが◎

くっつけたら、固まるまで待ちます(5分くらい)。

■ついに漆の登場!

ワシン工芸漆は、かぶれないタイプの漆だそう。

(そのかわり天然じゃないので、高温はアウトで、食器に使えないかも、とのこと)

※のちに、これは伝統的な金継ぎではなく、

「簡易金継ぎ」と呼ばれる、

接着剤で簡単に行う、現代版の手法であることを知りました。

(この時は「これが金継ぎか~!!」っと思っていました。)

■接着したところに、合成漆を薄く塗ります。

塗りすぎると乾くのに時間がかかってしまいます。

(漆を塗ったところには、後で金粉をつけることを念頭に置きます。)

■ドライヤーで漆を少し乾燥させます。(10分くらい)

■金粉を、ハケで、合成漆の上に塗ります。

⇧ふぐ印の真鍮(この時は、本物の金粉と銀粉と思っていました)

金色と銀色かありますが、私は迷わず金色を選択しました。

(そして、参加者みんな、金を選んでいました)

金を撒いたあと。いい感じに光っています!

■めん棒に水を付けて、余計な金粉をふき取ります。

■裏にピアスの針を接着剤でつけて、出来上がり(*≧∀≦*)

これ、私が作ったんです!売ってるみたい(*´꒳`*)

普通に買ったら1000円以上しそうな感じです!!

Makers’ Baseの店内

センスのいい金継ぎピアスがたくさん売られていました。

ワークショップで教えてくれた若いお姉さんが

デモンストレーションのために金継ぎピアスを作っていたので

余剰にできた金継ぎを売っているのかもしれません。

他にもMakers’ baseではいろいろなワークショップの作品を販売していました。

定番の、器の金継ぎ(お皿かわいい!)

陶芸も。

金継ぎピアス・ワークショップを終えて

「金継ぎ」という言葉を知ったばかりの未熟な私には、1日完結で金継ぎを実践して

分かったような気持ちになりました。

そして、「金継ぎはこんなにかわいいんだー♡」と思える体験でした。

後に、伝統的な金継ぎは1日ではできず、大変奥が深いものだと知ることになります…(乞うご期待!)

ですがこの時は、将来金継ぎビジネスを開くための、素敵な最初の体験になりました(*´꒳`*)

<東京・広尾>金継ぎ教室 お申し込み受付中

私たちの活動をSNSでも情報を発信しています