金継ぎ教室(東京)金継ぎキットなどの情報を発信する『つぐつぐ』公式サイト

ブログ

【金継ぎ教室 初心者の体験実録】18日目|コップ・陶器の大きな欠けを埋めて、研いで、固める方法

早いものでもう10月ですね~!暑くて湿度の高い、 金継ぎ日和 の夏が終わっていくのが名残り惜しい今日この頃です… (´・ω・`)

現在金継ぎ教室でon-goingの器たち

今日は 刻苧(こくそ)埋めと、生漆(きうるし)の固めと、水研ぎをやってきました!

刻苧(こくそ)埋め

まずは前回 刻苧をつけた部分、または割れを接着した部分をカッターで削って表面を平らにし、 刻苧を塗った部分は320番空研ぎサンドペーパーで研いで、今日の 刻苧がノリやすくします。

そして、地道に 刻苧(こくそ)を作ります。

のり+生漆 1:1

フレッシュな薄い色をした生漆を見ると癒されるのは私だけ?

生漆がフレッシュなので、混ぜると色がう薄い「麦うるし」を見ると癒されるのは私だけ?
刻苧(こくそ)作りま~す

三辺地粉(さんべんじこ)⇒木粉(もっぷん)⇒刻苧綿(こくそわた)の順に混ぜます◎

だいたいいつも三辺地粉(灰色)を入れすぎて固くなりすぎる(反省)
いざ、 刻苧を塗っていきます!
木片ので埋めてる器も、隙間にさらに 刻苧を足します。

生漆による固め

刻苧で埋め終わっている器は、320番で空研ぎした上から、生漆を塗ります。

左半分だけ研いだ状態

ただそれだけ。

塗る前(上)塗った後(下)

水研ぎ⇒黒呂色(くろろいろ)漆

上品で、小さいのに、高価だったこの器の欠け。すでに生漆の固めが終わっていたので、今日は水研ぎです。

しまった!!! Σ(°Д°;)

研ぎすぎてしまいました…

先生に、「これ、あかんですよね?」って聞いたら、研ぎがたらん!といわれ、さらに研いだところ…

左側を研ぎすぎでガタっくぼんでしまった

「大丈夫大丈夫、黒呂色漆ぬっちゃって」と言われたので、時間もなかったので塗りましたが…

私のPerfectionに反する。。。

この後やっぱり、電車で家に帰る道中、これは良くないと思って、次回はもう一度 刻苧で埋めることから再開しようと思います(´・ω・`)ショボン

後で金を撒いてからでは遅いので、妥協を許さないKintsugi-Girlの金継ぎであります!


金継ぎ女子が金継ぎ教室の見学から、魅了されて1か月通い続けた体験実録

<東京・四谷>金継ぎ教室を開講します!(12/1(火)より開始)

金継ぎ教室についてもっと知りたい方はこちら