ブログ

漆かぶれの対策方法!

漆かぶれとは

漆(うるし)かぶれは、漆の主成分である

ウルシオールが皮膚に付着することによって

引き起こされる接触性皮膚炎のことです。

いわゆるアレルギー反応のことです。


表皮からウルシオールが侵入し、それを守るための

防御反応として炎症が起こってしまいます。


漆器って安全?

では、漆を使った食器って危険なのでは?

金継ぎのときにも漆を使うから、人体に良くないのでは?

と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、

そういうわけではありません。


漆は、「液状のときに」アレルギーを引き起こします。

器として使用する時点では、漆はしっかり硬化しているから

安全というわけです。

(もっと正確に言うと漆自体は

年単位で更に硬化していく働きがありますが、

作品として完成している場合は

すでに人体に影響を及ぼさない程度は

しっかりと硬化が済んでいます)。


ですから漆かぶれに注意しなくてはならないのは、

「液状」の状態の漆を扱うとき、

ということになります。

なので金継ぎをするときには

うっかり漆塗料に直接触れてしまわないように、

ゴム手袋などをして手を保護する必要が

あります。


手部だけに付着するとは限りませんから、

作業中は長袖の洋服を着て肌の露出を避け

アームカバーをし、

髪につかないようまとめておくと

より保護に役立つでしょう。

特に薄着の夏場は要注意です。


漆が付着してしまったら?

漆が皮膚に付着した時は、

油(中でも酸化しにくいと言われている

菜種油・キャノーラ油が最も良いですが、

なければサラダ油)でその部分をすぐ拭き取り、

石鹸でよく洗い流してください。


付着してもかぶれないこともある

漆が付着した手の画像
漆が付着した手

手袋が破れていることに気づかず
ついてしまった漆です。
気づいてすぐ油で拭き取り石鹸と流水で洗い流しましたが、遅かったため取れず、2〜3日間うるしの茶色いシミが取れませんでした。
その後自然にきれいにとれて、奇跡的に
かぶれませんでした。
注意は必要ですし絶対手袋をしたほうが良いのですが、
手のひらは手首や腕などの皮膚の薄い部分に比べ厚いので一応はかぶれにくいそうです。

漆かぶれの薬

漆かぶれを起こしてしまったら、

すぐに漆を使った作業を中止して、

皮膚科医に相談してください。


基本的にかぶれを早く治す薬は今のところありませんが、

「ステロイド」「抗ヒスタミン剤」などの

処方をしてもらい、

かゆみや激しい炎症に対処することもできます。


漆かぶれはうつるのか

漆かぶれはまず人から人には感染しません。

漆かぶれが起こっている状態では

すでにその人の表皮からウルシオールが

侵入している段階なので、

かぶれ自体や水泡が他人への感染源になることは

ありません。


漆かぶれが治るまでの期間

早い人だと3日ほどで完治し、症状がひどいようだと

2週間ほど治るのにかかる例もあります。

また、漆が付着した部位がかぶれてくるのに

1週間ほど時間がかかる場合もあります。


付着した漆塗料がそこまで多くなくても

人によっては過敏性を持っていたりするので、

そうなるとより強い炎症反応を引き起こして

激しいかゆみが続くこともあるでしょう。


いずれにせよ、ピークを過ぎれば痕は残らずに

すっきりと元通りになるのが特徴です。

皮膚科に行かずに放っておいて治す、

という人も多いでしょう。


また耐性もできやすく、かぶれ(ウルシオールの侵入)を

繰り返しているうちに、

ほとんどかぶれなくなることもあります。