金継ぎ教室(東京)金継ぎキットなどの情報を発信する『つぐつぐ』公式サイト

ブログ

東京金継ぎ教室『つぐつぐ』(広尾)予約ページ


info@kintsugi-girl.com

金継ぎ教室に関するよくある質問

縄文時代という古くからある日本の伝統技法で、傷をあえて目立たせて芸術に変える、日本独自の逆転の発想。
割れる前より器の価値が上がり、海外からも注目を浴びていて、現在日本で大ブームになっています。
金継ぎの基本的な工程は以下の流れで進めていきます。
STEP①:割れ・欠けた断面に漆を塗り、漆風呂で1日乾かす
STEP②:割れは漆で作った接着剤でくっつけ、漆風呂で1週間以上乾かす。欠けは漆で作ったパテで埋め、漆風呂で1日乾かす
STEP③:漆のペーストで割れ・欠けの凹凸をなめらかにし、漆風呂で1日乾かす
STEP④:黒色漆を塗り、漆風呂で1日乾かす
STEP⑤:弁柄漆を塗り、いよいよその上に金粉を蒔いて仕上げる。漆風呂で1日乾かして、完成です!
金継ぎの要領さえ覚えてしまえば、どなたでもお一人で金継ぎができるようになります。
金継ぎ教室に参加される方は、ほとんどの方が初心者ですのでご安心ください。
金継ぎの工程で、なぜこの作業を行うのか?などの理由もきちんと説明するので、どなたでも金継ぎをマスターしていただくことができます。

<東京・広尾>金継ぎ教室 お申し込み受付中

私たちの活動をSNSでも情報を発信しています