金継ぎ教室(東京)金継ぎキットなどの情報を発信する『つぐつぐ』公式サイト

ブログ

【金継ぎ初心者の自宅で挑戦実録】陶器の欠けの形を動物に見立てる景色

地味ですが新たな作品ができあがりました◎

小さなうつわに欠けが2つ…最初の時点ではあまり仕上がりが予想できなかったのですが

刻苧(こくそ)で埋めていくと、は動物を2匹描いてみたいと思うようになりました(⁎˃ᴗ˂⁎)

刻苧で埋まったところ◎

レッツゴー!

切子漆を塗ったあと、サンドペーパーでやすって、生漆を塗るところ。
(切子の固めといいます。)
小動物の色は、色を付けず、あえて漆独自の色にしておくことにしました◎
漆が乾いたあと。
下の刻苧の色が透けて見えて黒っぽいんだけど、どことなく茶色っぽくもある…?

さて、いよいよお絵かきタイム♪合う絵柄を探します。

たまたまネットで見つけた画像。カワイイ。
鳥×文様で検索してみた。
実際の欠けの形を含めて、ノートに練習中◎

いざ、弁柄うるしでミニマルに絵を描いていきます!

できた!!

描いたところに金粉を撒こうかと思ったのですが…このままがシンプルで良い気がしたので、これで完成◎

鳥をイメージしたんだけど、魚のようでもある?!

見方は受取人に委ねることにしよう。

<東京・四谷>金継ぎ教室を開講します!(12/1(火)より開始)

金継ぎ教室についてもっと知りたい方はこちら