BlogsAbout Kintsugi

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (12)】 wad 小林 剛人さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (11)】小石原さんの金継ぎ 繕いのうつわ 小石原 剛さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (10)】 知音/ちいん 三野 千鶴さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (9)】うつわ継ぎ山鳥 清水 真由美さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (8)】 et craft 平井岳さん・綾子さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (7)】漆ギャラリーあさい 浅井 啓介さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (6)】うるしと漫画 堀 道広さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【金継ぎ初心者の本紹介】初心者にシンプルな工程実践編「金継ぎをたのしむ 陶磁器・漆器—大切なうつわの直しかた」黒田雪子 (監修)

こんな方にオススメ金継ぎを実際にやってみたい方金継ぎ初心者の方本の基本情報金継ぎをたのしむ: 陶磁器・漆器——大切なうつわの直しかた黒田雪子 (監修)出版:2013/6/24定価:1600円https://www.amazon.co.jp/dp/458224729

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (5)】 山笑堂 川端 吉太郎さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【金継ぎ初心者の本紹介】超初心者にオススメ「金継ぎ手帖 はじめてのつくろい」ナカムラクニオ(著)

こんな方にオススメ金継ぎ超入門者自分でやるというよりは金継ぎの概念が知りたい絵や写真の多い本をパラパラ読みたい「かんたん金継ぎ」をしてみたい本の情報金継ぎ手帖 はじめてのつくろい発売:2017/11/24著者:ナカムラクニオ (著)定価:2000円+税https:

TOP