BlogsAbout Kintsugi

【金継ぎ初心者の本紹介】初心者から上級者まで、やり方に関する本のまとめ

現在私は、東京の古くからある金継ぎ教室で伝統的な金継ぎ技法を習いながら、全国の金継ぎ職人さん(通称:金継ぎスト)にインタビューをし、そこから学んだことを配信しています。その傍ら、すでに出版されている金継ぎに関する本からも、たくさんの学びがありました。そこで、下記のような方に、私

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (4)】漆芸社平安堂

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (3)】モノ継ぎ 持永かおりさん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (2) 】 京都 金継ぎ 白金堂 田中 阿季羅さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【金継ぎ教室 初心者の体験実録】31日目|渡辺均矢さんの器の欠けを唇に見立てて弁柄漆仕上げ!

このデザインが本当に唇に見えるのか悩ましいところですが、大きな白地に黒の渡辺均矢さんの楕円取り皿に、少し色を足させていただきました(⁎˃ᴗ˂⁎) 最近は最初の方の工程は写真にとっておらず、出来上がるワクワク感の高い後半の工程を紹介させていただきます♪師匠の漆の色見本を見て、

【金継ぎ教室 初心者の体験実録】30日目その2|器の角をコツンとぶつけたら?小さな欠けは簡単に修復できる!

「ほつ」、又は「ほつれ」と言いますが、器の表面がはがれるように欠けてしまった状態です。フチを何かにコツンとぶつけてしまったときに起き、ご家庭でもよく起こると思います。何もしなくても使える程度のほつれでしたが、金継ぎしたがりの私に、友達が差し出してくれました(*´ー`*) ということで、9個くらいあ

【金継ぎ教室 初心者の体験実録】30日目その1|磁器の欠けの修復完成!青色×金色で網目文様仕上げ

また新たな金継ぎ作品が完成しました(⁎˃ᴗ˂⁎) もともと柄のあるお皿は、少し変わった仕上げをしたいですよね。9工程くらいある金継ぎの工程の、後半部分をご紹介します♪大きな「ホツ」と呼ばれる欠け。刻苧でしっかり埋まりました。網目が青色なので、同じ

【職人が金継ぎを始めたきっかけ (1) 】あとりえ青輝鳥 加藤 恵さん

はじめに国内・海外で年々注目が加速している金継ぎ。金継ぎとは、割れたり、欠けたり、ヒビが入った器を、漆(うるし)と呼ばれる漆の木の樹液を加工した塗料を用いて修復し、最後に金などのお粉でかわいらしく仕上げる日本の伝統技法です。モノがまだそれほど多くはなかった時代には、壊れたモノを修復してもう

【金継ぎネイル】ネイルサロンに1万円払うなら、器の欠けを5000円で修理しよう。

金継ぎの仕上げの蒔絵(まきえ)を上達すべく、左手のネイルで文様のお絵かきしながら練習しております (`・ω・´)普段はあまり派手にできないOLのため、基本的にピンクを下地に、白と金色でデコレーションしています。文様は「日本の文様」という本を見ながら描いています( *´ω`* )

【金継ぎ初心者の自宅で挑戦実録】寒い冬は自宅で器の欠けを大量修復♪渡辺均矢さんの器のプチ修理

セレブな友達が、渡辺均矢さんの器をたくさん持っています。今回はそのお直しの一つが完成したので、ご紹介します。白の楕円に、シンプルなデザインなので、わき役程度の、シンプルな金継ぎを施しました(*´ー`*)渡辺 均矢さんの器、3点。年末、お家で刻苧を埋めて、乾かしていま

TOP